ガンダム関連のかっこいい画像や壁紙等の収集・紹介ブログ。初代の機動戦士ガンダムから始まり、平成に入ってからの新世代のガンダムシリーズまで幅広く対応

ジム

こんばんは、
燃えPaPaです。

初代ガンダムで、地球軍のモビルスーツの量産機の典型として出てきたジムですが、
アニメでは大分しょぼいルックスでしたが、ガンプラなどで出てきたら意外とかっこいい造形していますね。




ジム (GM)は、『ガンダムシリーズ』に登場する架空の人型ロボット兵器「モビルスーツ 」(MS)の一つ。初出は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。メカニックデザインは大河原邦男。

作中の軍事勢力の一つである「地球連邦軍」初の量産型MS。主人公「アムロ・レイ」が搭乗する「RX-78 ガンダム」の設計を基に、高価な機能や装備を廃した廉価版MSとして開発された。赤と薄緑色のカラーリングと、ゴーグル状のカバーに覆われた頭部センサーカメラが外観上の特徴。ガンダムにはおよばないが、敵である「ジオン公国軍」の主力MS「ザクII」を上回る性能を持ち、物量を活かした集団戦法で連邦軍を勝利に導く。劇中では活躍シーンもあるが、「シャア・アズナブル」といったジオン軍のエースパイロットの搭乗機に破壊されるなど、「やられ役」としての描写が多い。

後発作品でも発展型や類似した外観・設計思想を持つ機体が登場し、総じて「ジム系」「ジムシリーズ」と呼ばれる場合もある。


ちょっとやられ役の印象の強いジムですが、
初期は、前線を担う量産機として有望だったのですね。


燃えPaPa