言葉の宝庫な体力特化システムエンジニアなこうちゃんの送る、日々世に生み出されているネガティブ名言の数々、漫画、アニメ、ネットで見つけてきたネガティブな名言をご紹介。

ギャン

こんばんは、燃えPaPaです。

今回は性能高いのに、あっという間に撃破されてしまった悲しい機体、
ギャンを特集

ギャン(GYAN)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。
有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ 」(MS) の一つ。
初出は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。

作中の敵側勢力「ジオン公国軍」の試作機。
西洋の甲冑騎士のような外観が特徴で、剣と盾という白兵戦に特化した武装が施されている。
当初の設定ではマ・クベ大佐の専用機として開発されたとされ、劇中でもマ・クベ本人が「自分のために作られたMS」であると発言する。
のちに、ゲルググと次期主力量産機の座を争うために別メーカーが開発した機体と設定され、機体構造にも独自の設定が付記されている。


燃えPaPa

ジム

こんばんは、
燃えPaPaです。

初代ガンダムで、地球軍のモビルスーツの量産機の典型として出てきたジムですが、
アニメでは大分しょぼいルックスでしたが、ガンプラなどで出てきたら意外とかっこいい造形していますね。




ジム (GM)は、『ガンダムシリーズ』に登場する架空の人型ロボット兵器「モビルスーツ 」(MS)の一つ。初出は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。メカニックデザインは大河原邦男。

作中の軍事勢力の一つである「地球連邦軍」初の量産型MS。主人公「アムロ・レイ」が搭乗する「RX-78 ガンダム」の設計を基に、高価な機能や装備を廃した廉価版MSとして開発された。赤と薄緑色のカラーリングと、ゴーグル状のカバーに覆われた頭部センサーカメラが外観上の特徴。ガンダムにはおよばないが、敵である「ジオン公国軍」の主力MS「ザクII」を上回る性能を持ち、物量を活かした集団戦法で連邦軍を勝利に導く。劇中では活躍シーンもあるが、「シャア・アズナブル」といったジオン軍のエースパイロットの搭乗機に破壊されるなど、「やられ役」としての描写が多い。

後発作品でも発展型や類似した外観・設計思想を持つ機体が登場し、総じて「ジム系」「ジムシリーズ」と呼ばれる場合もある。


ちょっとやられ役の印象の強いジムですが、
初期は、前線を担う量産機として有望だったのですね。


燃えPaPa

これって、都合の「いい男」ランキングじゃね

「いい男」の条件を女性に聞いてみました。
女性が考える「いい男」の条件ランキング

1位
思いやりがあり、相手の立場にたって行動できる

2位
聞き上手で、話しやすい

3位
「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言える

4位
空気が読め、引くときは引き、主張すべきところは主張する

5位
優しく、穏やかな性格


という記事があったが・・・

1位→ 奢れ
2位→ 私の話を肯定しろ
3位→ お前が悪い、謝れ
4位→ 常に私の見方をしろ
5位→ お前は決して怒るな


という解釈で間違いないかと

絶望ですね