言葉の宝庫な体力特化システムエンジニアなこうちゃんの送る、日々世に生み出されているネガティブ名言の数々、漫画、アニメ、ネットで見つけてきたネガティブな名言をご紹介。

おもしろモビルスーツ集

 こんばんは、こうちゃんです。

当ブログでは割とかっこよさげなモビルスーツを紹介していますが、
世の中には、おもしろモビルスーツ、かっこよさじゃない、なにかおかしいモビルスーツなどもあり、
そんなおもしろ画像を

おもしろモビルスーツまとめ

にてご紹介しています。

なかなか当ブログとも雰囲気の違った笑えるサイトになってますので、
覗いてみてください。

こうちゃん

ザク

こんばんは、こうちゃんです。

ザクが、エラい強そうに見えるステキな画像です。

ザク

初代機動戦士ガンダムにおいては、ジオン公国開発の量産型モビルスーツ

量産に成功したものの、性能面で、前線投入されたのはザクⅡで、一般にザクというとこちらを。
また初期型のザクⅠは旧ザクと呼ばれている。

また、これ以降も、様々なガンダムシリーズにおいて、量産型のベーシックな機体として、たびたびザクの名称が登場
もうガンダムの代名詞とも。

こうちゃん

ガンダム

こんばんは、こうちゃんです。

まず、ガンダムまとめなら必須の、ガンダムの名前が歴々とつながる元となった、初代ガンダムの解説から。

ガンダム(GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。

作 中の軍事勢力の一つ「地球連邦軍」が開発した試作機の1機で、主人公「アムロ・レイ」の搭乗機。額のV字型ブレードアンテナと、人間の目を模した複眼式の センサーカメラが特徴で、ほかのMSに比べ人間に近い形状を持つ。これらの特徴は、以降のシリーズ作品に登場する「ガンダムタイプ」の基本となった。敵対 勢力である「ジオン公国軍」のMSの多くを凌駕する性能を持ち、パイロットのアムロの成長と相まって「一年戦争」で伝説的な戦果を上げる。

ジオン公国軍の主力MS「ザクII」の威力を目の当たりにした地球連邦軍が、これに対抗すべく発動した新兵器開発計画「V作戦」に基づき試作した白兵戦用 MS。設計・開発はテム・レイ技術大尉主導の下、複数の企業が参加している。また、パイロットの帰還率の向上と貴重な実戦データの回収のため、腹部に脱出 用小型戦闘機コア・ファイターを内蔵するコア・ブロック・システムを採用している。

この初代ガンダムから始まり、その後の壮大な宇宙を舞台にしたロボットSFの系譜が始まり、今なお愛されるガンダムシリーズが始まりました。

こうちゃん