ガンダム関連のかっこいい画像や壁紙等の収集・紹介ブログ。初代の機動戦士ガンダムから始まり、平成に入ってからの新世代のガンダムシリーズまで幅広く対応

ギャン

こんばんは、燃えPaPaです。

今回は性能高いのに、あっという間に撃破されてしまった悲しい機体、
ギャンを特集

ギャン(GYAN)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。
有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ 」(MS) の一つ。
初出は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。

作中の敵側勢力「ジオン公国軍」の試作機。
西洋の甲冑騎士のような外観が特徴で、剣と盾という白兵戦に特化した武装が施されている。
当初の設定ではマ・クベ大佐の専用機として開発されたとされ、劇中でもマ・クベ本人が「自分のために作られたMS」であると発言する。
のちに、ゲルググと次期主力量産機の座を争うために別メーカーが開発した機体と設定され、機体構造にも独自の設定が付記されている。



燃えPaPa

インパルスソードシルエット

インパルスガンダムの
ソードシルエット

 ガンダムSEED DESTINYにて登場する、
シン・アスカ搭乗の
合体型MSインパルス
の接近戦仕様のソードシルエット装着型
(他、合体するシルエットの変化により、フォース、ブラスト、と形態を変える)


インパルスガンダム(IMPULSE GUNDAM)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。「インパルス」は英語で「衝撃」を意味する。

人型機動兵器「モビルスーツ」のひとつ。「プラント」の軍隊「ザフト」が開発した5機の試作型MS「セカンドステージシリーズ」の1機で、劇中前半で主人公「シン・アスカ」、後半からはヒロイン「ルナマリア・ホーク」が搭乗する。同じザフト製である量産機「ザクウォーリア」や、前作『機動戦士ガンダムSEED』に登場する地球連合軍の「ストライクガンダム」に似たバックパックの換装機構を持つとともに、装備ごとに機体色が変化するのが特徴。さらに、ほかのガンダムシリーズ作品のMSで見られる「コア・ブロック・システム」に似た、機体の分離・合体構造を持つ。



ffd6830c.jpg

フリーダムガンダム2枚目

前記事に引き続き

機動戦士ガンダムSEEDの
フリーダムガンダムの戦闘時画像でも

核エネルギーでほぼダウンしないPS装甲に、
多数の火気
ドラグーンシステムによる、ウイング型のビーム兵器まで搭載、
と、もうむちゃくちゃな機体ですね。



8F1693DAF27542E9951C5EED74F8CBE5.jpg

フリーダムガンダム

フリーダムガンダム

機動戦士ガンダムSEEDに登場する、
ザフトによるG兵器研究後の試作型MS。

地球連合に対抗するため、
核エネルギーを使えなくしたニュートロンジャマーを無効化する

Nジャマーキャンセラー

を搭載
そのため、核融合炉をエンジンとして持っていて、莫大なエネルギーを得ることができる。

戦争後期では、そのために、
地球連合にも核を使う口実を与えてしまう。


フリーダムガンダム(FREEDOM GUNDAM)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つであり、番組後半から登場する新主役機である。プロダクションコードはFREEDOM、型式番号はZGMF-X10A(ゼット・ジー・エム・エフ・エックス・ワン・オー・エー)と設定されており、これと併せてZGMF-X10A フリーダムガンダムと呼ばれる。


キラ・ヤマト搭乗
SEEDシリーズにおける、実質最強のモビルスーツの一機


gaudam014.jpg

シナンジュ

 機動戦士ガンダムUCに登場するモビルスーツ

UC計画の一環として、アナハイム・エレクトロニクス社が開発した試作MS。
かつて同社が開発したMSN-04 サザビー、RX-93 νガンダム同様、基本骨格ムーバブルフレームの一部にサイコフレームを導入したニュータイプ専用機。
ただし、ファンネルなどのサイコミュ兵器は搭載しておらず、MS単体としての基本性能向上を突き詰めた設計としている。

背部の翼のような推力偏向スラスターを始め、全身に多数のスラスターを搭載しており、高い機動性を誇る。その性能はインダストリアル7から脱出したネェル・アーガマを攻撃する際に、周りに無数に漂うスペースデブリをまったく意に介することなく回避している事からも伺える。

この機体で検証されたデータを元にユニコーンガンダムが開発された。
いわばシナンジュはユニコーンの兄弟機に当たるが、宇宙世紀0094年にアナハイム・エレクトロニクス社から「袖付き」に強奪され(実際には強奪に偽装した譲渡であった)、皮肉にもユニコーンと刃を交えることとなった。
な お、強奪(に見せかけた譲渡)されたアナハイム製ということから、0083に登場したガーベラ・テトラ同様ガンダムタイプのフレームより改装されたものと 思われがちで有るが、原作者の福井に対するインタビューによれば最初からサザビーの似姿としてジオンタイプの外観で設計製作されたものであるとのこと。

「袖付き」では、最高司令官であるフル・フロンタルが搭乗し、赤く塗られた機体と機動性から「赤い彗星の再来」と呼ばれ、総帥シャア・アズナブルを失い士気の低下したネオ・ジオンの崇拝と士気高揚の対象となり、敵からは恐怖の対象となっている。



ddba857b-s.jpg