ガンダム関連のかっこいい画像や壁紙等の収集・紹介ブログ。初代の機動戦士ガンダムから始まり、平成に入ってからの新世代のガンダムシリーズまで幅広く対応

インパルスソードシルエット

インパルスガンダムの
ソードシルエット

 ガンダムSEED DESTINYにて登場する、
シン・アスカ搭乗の
合体型MSインパルス
の接近戦仕様のソードシルエット装着型
(他、合体するシルエットの変化により、フォース、ブラスト、と形態を変える)


インパルスガンダム(IMPULSE GUNDAM)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。「インパルス」は英語で「衝撃」を意味する。

人型機動兵器「モビルスーツ」のひとつ。「プラント」の軍隊「ザフト」が開発した5機の試作型MS「セカンドステージシリーズ」の1機で、劇中前半で主人公「シン・アスカ」、後半からはヒロイン「ルナマリア・ホーク」が搭乗する。同じザフト製である量産機「ザクウォーリア」や、前作『機動戦士ガンダムSEED』に登場する地球連合軍の「ストライクガンダム」に似たバックパックの換装機構を持つとともに、装備ごとに機体色が変化するのが特徴。さらに、ほかのガンダムシリーズ作品のMSで見られる「コア・ブロック・システム」に似た、機体の分離・合体構造を持つ。


フリーダムガンダム2枚目

前記事に引き続き

機動戦士ガンダムSEEDの
フリーダムガンダムの戦闘時画像でも

核エネルギーでほぼダウンしないPS装甲に、
多数の火器
ドラグーンシステムによる、ウイング型のビーム兵器まで搭載、
と、もうむちゃくちゃな機体ですね。


フリーダムガンダム

フリーダムガンダム

機動戦士ガンダムSEEDに登場する、
ザフトによるG兵器研究後の試作型MS。

地球連合に対抗するため、
核エネルギーを使えなくしたニュートロンジャマーを無効化する

Nジャマーキャンセラー

を搭載
そのため、核融合炉をエンジンとして持っていて、莫大なエネルギーを得ることができる。

戦争後期では、そのために、
地球連合にも核を使う口実を与えてしまう。

フリーダムガンダム(FREEDOM GUNDAM)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つであり、番組後半から登場する新主役機である。プロダクションコードはFREEDOM、型式番号はZGMF-X10A(ゼット・ジー・エム・エフ・エックス・ワン・オー・エー)と設定されており、これと併せてZGMF-X10A フリーダムガンダムと呼ばれる。

キラ・ヤマト搭乗
SEEDシリーズにおける、実質最強のモビルスーツの一機