言葉の宝庫な体力特化システムエンジニアなこうちゃんの送る、日々世に生み出されているネガティブ名言の数々、漫画、アニメ、ネットで見つけてきたネガティブな名言をご紹介。

鏡を・・・

鏡を見るたび殴りたい



・・・・
しょせん映るのは自分なのに
切ない
残念ですよね。


そして、もう一個




この鏡、どの角度から見ても気持ち悪い




いや、やっぱり映ってるのは自分ですってw

いや、ヘコむだろorz

これって、都合の「いい男」ランキングじゃね

こんばんは、こうちゃんです。

悲しい現実を目の当たりにしてしまう情報です。

「いい男」の条件を女性に聞いてみました。
女性が考える「いい男」の条件ランキング

1位
思いやりがあり、相手の立場にたって行動できる

2位
聞き上手で、話しやすい

3位
「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言える

4位
空気が読め、引くときは引き、主張すべきところは主張する

5位
優しく、穏やかな性格


という記事があったが・・・

1位→ 奢れ
2位→ 私の話を肯定しろ
3位→ お前が悪い、謝れ
4位→ 常に私の見方をしろ
5位→ お前は決して怒るな


という解釈で間違いないかと

絶望ですね

こうちゃん

人生の浪費

こんばんは、こうちゃんです。

「人生とは、生涯と言う年月をかけて死んでいく期間である」

いや、そうなんだけど

そう言ってしまうと身も蓋も無いけどさ・・・

ほんっと人生なんてそんなもんですよね。
真実だと思いますので・・・
特に否定する気持ちはないw

こうちゃん

いつも思ってます

こんばんは、こうちゃんです。

「もしも生まれ変わることができたたら、普通の人間になりたいな。
 悪いところが無くなれば特技がいくら消えてもかまわない。
 喜びが無くたっていい、平穏に暮らせるなら。
 だけど分かっている。
 どういう死に方をしても生まれ変わることなんてできない。
 だからこんな自分にも耐えながら日々生きている。」

そうなんです。
だから生きてる・・・
こんな難易度の高い人生でもやめられないなんて
ひどい仕打ちですよね。
人生なんて、リセットも再スタートもできないクソゲーのようなもんですもの。

こうちゃん

人間って

こんばんは、こうちゃんです。

「生まれたら最後
 死んだら必ず誰かに迷惑かかる」

生まれてきて迷惑かけて
死んでも迷惑かけて

・・・ほんっと鬱になるわぁ
人間って罪な生き物なんですね。

こうちゃん

女を一個のからあげ弁当とする

こんばんは、こうちゃんです。

女性をからあげ弁当に例えた切ないコピペがこちらです。

---
一個のからあげ弁当は、こうやってキミのもとに来る。

10代~
出来立ての弁当に人々が群がる。唐揚げはジューシーで旨い。
米はつやつや、サラダもみずみずしくて綺麗な色。
我先にと奪い合うように殺到する客。しかもタダ。

20代~
食いかけの弁当に、人々が近寄る。唐揚げは少し古びた臭いがする。
米はパサついてきたし、サラダはしなびてきた。けど食えるところもなくはない。
餓死するよりはマシかと、客は口にする。

30代~
腐敗していく弁当に、誰も寄り付かない。弁当が言う
、「どうして食わないの?あんた草食系?」
既に唐揚げは骨、少し残った肉は腐りだしてる。
弁当端には硬くなった米粒がこびり付き、サラダは干乾びて変色している。
使用済みの爪楊枝が落ち、ティッシュも入っている。
もはや弁当じゃない、生ゴミに近い残飯だ。

でもそんな残飯に、代金を支払う一人の男が現れる。そう、それはキミだ。
一個の唐揚げ弁当は、こうしてキミのもとに来る。
キミは唐揚げ弁当の代金を支払った。
それは何人もの客たちにタダメシを食わせてやったという事だ。
皆「ご馳走様でした♪」って言っている。
何故か唐揚げ弁当も「ご馳走様でした♪」って言っている
---

悲しい、悲し過ぎる!!
こんな世の中に誰がした!?

こうちゃん

壁も・・・落とし穴も・・・

こんばんは、こうちゃんです。

「人生に乗り越えられない壁はないが
落ちたら這い上がれない落とし穴もある。」

ほんとに体感してきました。

そして、今はそんな落とし穴に落ちてますorz
やり直しのきかない人生ゲーム、落ちた穴でもう過ごすしかないのですね。

こうちゃん

命の不平等

こんばんは、こうちゃんです。

「命は全ての人間に平等に与えられているが
 その価値は平等ではない」

げふっorz
ほんとそうですよね・・・
残念で仕方無い
人間なんて平等だなんて言ってるのは支配者だけだよ・・・
そしてそんなこと言ってる支配者たちも、実際には自分たち特権階級だけを優遇し、
下層市民なんてゴミのように扱っているという現実

悲しいですね。
いつの世も真の平等なんて訪れないんですね。

こうちゃん

嘘とわかっている二次元に逃げたい・・・

こんばんは、こうちゃんです。

「どこに嘘があるか分からない三次元よりも
 全て嘘だと分かっている二次元のほうがよっぽどいい」

ほんとそうですね。
現実なんて、騙し騙され、傷つくことの連続
まっとうに生きるのも難しいです。
そんな三次元の、何が魅力なのでしょうか・・・

二次元しか愛せない、という声もよく聞きますが、
実際こういうことなのでしょうねえ。
切ないですが納得でもあります。

こうちゃん

なんの格言だよw

こんばんは、こうちゃんです。

いや、なんつー格言だ、と。

---

デブは甘え


ハゲは運命

---

いや、まあデブるってのもある種自己責任なとこもありますけども、
ここまで言い切るとは、
あ、ハゲは・・・そか運命かw
まあ、言い得て妙なとこも

こうちゃん